月別アーカイブ: 2019年1月

ハワイのシミ消しコスメ、ナディノラクリーム

ナディノラクリーム

ハワイのシミ消しクリームとして人気のナディノラクリーム(Nadinola)を買ってきました。

ハワイで今1番人気のシミ消しクリームで何かと話題になっており、メルカリなどでも売り切れていますが。お土産に頼まれて大量に購入しました。

ナディノラクリーム ウォルマートでの価格
人気のハワイのお土産は大抵ABCマートで売られているのですが、だいたい12ドルくらいで売られていて、ウォルマートで安く半額くらいで買えると最近ハワイに行ってきたばかりの友達に教えてもらったのでウォルマートで大量購入。

Instagram(#Nadinola)などでもかなり人気のようでいろんな口コミやブログを見て私も欲しくなり友達の誕生日プレゼントやお土産にもお手頃価格だったのでまとめて12個も購入しました。

インスタで外国人の人たちのビフォーアフターみてみると結構びっくりする。こんなに効くのかしら?

ナディノラクリームを塗る順番としては、化粧水、乳液の次に塗るのでOKみたい。ちなみにこの前みたDaigoのYOUTUBE動画では、化粧水塗っても塗らなくてもクリーム塗ってれば保湿効果は十分あるってアメリカの皮膚医学界の研究結果で出たとか言ってて、日焼け止めと保湿のクリームでスキンケアは十分説をちょっと信じ始めているのですけど。(紫外線対策と保湿が何より重要。)

このシミ消しクリームはハイドロキノンと言う美白成分が配合されておりそれがシミを薄くしたり消してくれる効果があります。
ハイドロキノンはある程度配合されている濃度が高いと医薬品になるため日本では高濃度のハイドロキノンが配合されているクリームは美容クリニックなどでのみ処方される形でもらうことができます。

日本でもハイドロキノン配合のクリームはありますが一般化粧品としては濃度が低くかつ価格もそこそこいいお値段です。しかしこのナディノラクリームはハイドロキノンが高濃度でとにかく安いと言うのが魅力でしょう。

日本のInstagramなどでよく広告があるシミ消しクリームやシミが消えたなどの誇大広告の化粧品はとにかく多いですが結局はどんな成分が含まれているかというのがその化粧品の実力だと私は思っています。そもそもインスタのビフォーアフターの写真は加工アプリで美肌加工されていますからね。信用ならないです。

そのためよくわからない成分が細かく書かれていないようなただシミが消えたと言う印象を与えるビフォーアフターの写真が広告となっている日本の定期購入の化粧品は絶対買わないのですけれどもハイドロキノンと言う医学的に証明されている有効成分が入っている化粧品でかつ安いと言うのはかなり説得力があったので購入しました。

ナディノラクリームの外箱と成分

ナディノラクリームの成分表をみてみましょう。水、ミネラルオイル、ステアリルアルコール、オレイン酸デシル、ステアリン酸グリセリル、オレス20、ラウレス20、プロポリングリコール、ステアラミドプロピルジメチルアミン、クエン酸、メタ重亜硫酸ナトリウム、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料。これに対してハイドロキノンが3%含まれています。あと紫外線防止成分も含まれていました。

このウォルマートで買えるハイドロキノンのナディノラクリームはハイドロキノンの配合率が3%と高濃度です。

実際にハワイで開封して使っています。まだシミ自体に大きな変化は見えてきていませんが使い心地としては悪くなく伸びも良くたくさん塗ると白くなりますが伸ばすとちゃんと肌に浸透して透明になります。

化粧品特有の良い香りは一切無いですがハイドロキノン配合と言う説得力はあるので試す価値は大いにあると思います。

友達に頼まれて大量に買いましたが結構たっぷり入っているので12ヶ月は余裕で持つと思います。

ハイドロキノン配合の化粧品と言えばビーグレンやアンプルールが有名ですがどちらもハイドロキノンの配合率は2.5%以下ですビーグレンの場合はハイドロキノンの配合率が1.9%アンプルールが2.5%です。ちなみにビーグレンのハイドロキノン配合のクリーム、QuSomeホワイトクリーム1.9は15gで6,480円。アンプルールのハイドロキノン配合クリーム、ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110は11gで10,800円です。

ナディノラクリームはハイドロキノンの配合率が3%で6ドル程。
ハイドロキノンは4%から高濃度と言われておりクリニック処方のハイドロキノンは4%以上のものがありますが化粧品では日本の場合3%以下です。

ハイドロキノンは肌に合う合わないもあり一時的に肌が赤くなったりする人もいるため万人に会うわけではないため万が一のトラブルは自己責任になってしまいます。
そのため日本の化粧品ではハイドロキノンの濃度が抑えられています。

シミが完全になくなるには肌のターンオーバーも水となってくるので大体1ヶ月位端は大体28周期のサイクルで入れ替わるので(正常な場合1ヶ月ぐらい使って様子をみるといいと思います。

何といってもたった6ドル大体700円程度で1ヵ月使えるシミ消しクリームというのはとにかくリーズナブルであるためお土産としても大人気と言うのは頷けますね。

私は大きなシミがないので薄いシミが多いのですが使ってみてまた記事を書きたいと思います。

Amazonでもナディノラクリームは売っていますのでハワイで買うより少し高いですが、ハワイにいかなくても買えます。
https://amzn.to/2sMsdiN

日焼け止めサプリのヘリオケア

heliocare ヘリオケア

今回はハワイに日焼け止めサプリのヘリオケアを持っていきました。この日焼け止めサプリ、ヘリオケアはInstagramでも芸能人も紹介している人気の日焼け止めサプリです。日本ではクリニック等でも買えますがネットでも買えます。(後述しますが、購入元には注意しましょう。偽物もでまわっています。)

この日焼け止めサプリは友達に紹介してもらって知って買いました。ビーチリゾートの海外旅行好きの友達曰く「この日焼け止めサプリを飲むと翌日日焼けをした特有のだるさやほてりなどがないし、旅行めいっぱい楽しめるからいいんだよ」とのこと。
また日焼け止めサプリを飲むともちろん日焼けをしにくくなることまたメラニンの生成が抑えられているためシミができにくくなるなどのメリットもあります。

日焼け止めサプリは日焼けしそうな時間帯になる前に飲むのが大事です。紫外線を浴びる30分前の服用がおすすめされています。
そのためハワイではホテルから出る前に1粒飲んで、また4時間おきに1粒飲んでいました。

日焼け止めクリームも塗っていたのはもちろんですがのヘリオケアを飲んでいたこともあってか6日間ハワイ滞在しましたかほとんど日焼けなかったです。

ヘリオケアはフェーンブロックという成分が主な紫外線防止成分として配合されている紫外線防止サプリです。

フェーンブロックとはシダ植物から取れる成分で皮膚疾患などにも利用される成分です。紫外線はA派とB派があって真皮までダメージを与えるA派の方に効果が高いと言われているのがこのフェーンブロックと呼ばれる成分です。日本ではそのシダ植物の名前はダイオウウラボシ(フレボディウム属)と呼ばれています。アトピー性皮膚炎にも使われるほどの植物であること、天然成分であることからヘリオケアを飲むことによっての副作用はないです。

ヘリオケア自体の成分はすべて天然成分からできています。

日焼け止めサプリはクリニックに通う人たちから口コミで広がっていったみたいなのですが、市販の一般的な日焼け止めサプリにはこのフェーンブロックが含まれていないことも多いため、ヘリオケアはこのフェーンブロックが入っていることが大きな違いとなっています。フェーンブロックは紫外線による肌ダメージ=真皮の線維芽細胞の損傷も防いでくれるというのもあるようです。

しかもハーバード大学の博士とスペインの会社で15年も研究開発された末にクリニックで処方、販売されているというのも信頼できる点。

ヘリオケアは主成分がフェーンブロックでその他はビタミン群が入っています。ビタミンD、C、Eが配合され他にはリコピンとルティンが配合されています。
一般的な日焼け止めサプリだとコラーゲンやヒアルロン酸、ローズマリーなどが含まれていたりしますが、私はこのフェーンブロックが入っていないものは信用してません。

日本で市販されている日焼け止めサプリの主成分は殆どがニュートロックスサンというもので、プラセンタやコラーゲンのサプリやドリンクを出している会社が出しているような日焼け止めサプリはほとんどニュートロックスサンを主成分としています。ニュートロックスサンは飲んでから効くまでの時間もあることから毎日飲む習慣をっていう感じのものなんですが、いかにも定期購入させようっていう魂胆がみえみえで好きじゃないんですよね。(基本サプリメントは90%が広告費といわれていて原価はたかが知れています。)

紫外線が強い場所に日焼け止めプラスアルファで必要になったときに飲めば良いんですよ、日焼け止めサプリなんて。毎日外に出る人ならまだしも、私のように引きこもり系の仕事の人にはヘリオケアを必要に応じて買えばOKなんです。

ヘリオケア 一錠

ちょっとカプセルの色味が毒々しいのが気になるのと一粒が大きいのはホント海外のサプリだなっておもいますが。まぁ、日本のパッケージは可愛くてよくわからないインスタグラマーとかモデルが紹介してるだけの医薬品とかではない怪しい成分のサプリ飲むよりは信頼できます。

ヘリオケアは通常クリニックなどで購入するのですが、メルカリ、Amazonなんかでも並行輸入品が売られています。私は基本的に薬やサプリメントの並行輸入は信用していないのでクリニックで購入しました。というのも並行輸入品で副作用を起こす人もいますし、Amazonは中国人が日本人になりすまして販売していて悪いことばかりしているので、基本的に実用品以外はAmazonで買いません。家電や本や文房具やパソコン周辺機器とかアクセサリーは買いますが、化粧品とかは販売元がちゃんと販売元発送なのか?なども調べて買っています。

基本的に飲むサプリメントや薬は通販は販売元がクリニックとかでない限り、中国人、在日韓国人に偽物をつかまされることもあるので、気をつけましょう。
以前、Amazonで買い物をした時なかなか届かないなとおもっていたら発送元が中国でした。返品したくても送料はかなり高く取られる様になっていてAmazonは送料の返金には対応してくれませんでした。このように、送料詐欺みたいなこともしてくるのが中国人セラーです。

なのでヘリオケアも偽物が出回っていると噂もあるので、できればクリニック系の通販で買うこと、安く買おうとして中国人から買わないことをおすすめします。
(Amazonは便利ですが、販売元情報の名前と電話番号をチェック。050で始まる番号や明らかに転売ヤーから買わないように気をつけましょう。Amazonやメルカリは中国人や在日の人の軽犯罪の温床になっていると思う。)

楽天でヘリオケアを買うなら、会社がクリニックと取引先として提携しているこのお店が良いと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【土日もあす楽】ヘリオケア ウルトラDカプセル30粒入り│飲む日焼け止め│あす楽│正規品│楽天ランキング5年連続1位│ファーンブロック480mg|ノンケミカル│男女用
価格:5000円(税込、送料別) (2019/1/28時点)

ハワイのウルフギャングのランチスペシャル

ハワイのウルフギャングのスペシャルランチのハンバーガー

ハワイのウルフギャングのハッピーアワーのランチがいいよ!と友達に聞いたので行ってきました!

今日は私はのんびり過ごす日で友達は一人でハレイワに行ってました。

私はというと、お昼ぐらいまでゴロゴロして、ハイアットのプールでのんびりしてからビーチをお散歩。ひたすらビーチで波を眺めて海からくる風を感じて癒やされていました。

このね、ボーっとする時間がずっと欲しかったんですよ。去年の今頃は激務で心も安らがなかったんですからね。ずっと海外旅行に行きたかったのですが、仕事の内容的にちょっと厳しかったんですよね、去年は。

というわけで、1時間位はひたすら波の音とビーチの砂を感じながら海の眺めを楽しんでいました。

そしてランチは一人なので、一人で行けるランチで行きたいところ~と考えた時、友達にハッピーアワーというのがお得だよ!と言われていたので、ビーサンのまま、ウルフギャングへ。

まぁ、汚い格好ではなかったのでドレスコード的には問題なかったと思います。ハッピーアワーというのは14時から17時までの比較的空いている時間帯のみのお得なメニューがある時間だそうです。

ハッピーアワーとランチスペシャルというのがあって、どっち?と聞かれて最初ハッピーアワーといったのですが、カウンターに通されて私がイメージしていたメニューじゃなかったので、あ、これ違うは?とおもい席を離れ、「ごめん、ランチスペシャルだったわ。(英語)」と受付の女の子に伝えたところ、椅子で待つようにいわれてテーブル席に通されました。

去年(2018年)の12月に行った友達にメニューを見せたら?あれ?違うね。といわれたので、内容が変わったんでしょうね。

ウルフギャングのランチメニュー

ハッピーアワーはステーキとかが夜よりは安くてドリンクも安いのですが、ランチスペシャルはお手頃価格のランチメニューだったので安心しました。

前は7ドルくらいでハンバーガーとか食べれるっていっていましたが、今はそのハンバーガーもサイズが大きくなってお値段も少しアップしたみたいです。ロコモコとかもありましたが、悩んだ末にハンバーガーにしましたよ。

ハワイのウルフギャングはニューヨークのウルフギャングよりも気軽に入れる印象ですね。

ロイヤルハワイアンセンターの2階というわかりやすさもいいです。

というわけでウルフギャングのハンバーガーセットを頼んだのですが、思いの外でかい。まぁ12ドルって考えるとウルフギャングにしては安いとは思いますが、ポテトとオニオンリングもでかい。

ビールを頼んでしまったのも悪かったのですが、お腹パンパンになりました。

ウルフギャングのハンバーガーの肉

お肉はやっぱりTHEお肉。というパンチのあるお肉でジューシーではありますが、肉オンリーってかんじのハンバーガー。焼き加減を聞かれてミディアムレアにしました。日本のハンバーガーみたいに柔らかさとか玉ねぎが入っている感じとかつなぎにパン粉とかは一切入っていない感じです。パンもおいしかったですが1枚は残してしまいました。

ウルフギャングのハンバーガー

トマトもでかいしピクルスはおいしかったですね。ポテトはたくさん過ぎて少し残してしまいました。トマトケチャップがたっぷりあったのは嬉しかったです。

ハンバーガーの肉質はさすがウルフギャングって感じの味はありました。アメリカのハンバーガーってホント肉!って感じでおいしくないところも多いですけどね。私はシェイクシャックは大好きですけど。ニューヨークでもシェイクシャック食べましたが。

まぁシェイクシャックもポテトとか頼んだら同じくらいの金額と考えるとウルフギャングは高級感と肉のボリュームは大いに贅沢ですね。ちなみにビールとチップを入れて24ドル払いました。

ただ、一人でのランチではちょっと贅沢だったかなぁ。場所的にも。私以外にもひとりで来ている人いましたけどね。おひとりさまハワイも結構いるのかなぁ?って印象を受けました。

ニューヨークではサーロウィンとフィレミニオンを食べましたがあれはおいしかったですからね。今度は友達と2人とかでステーキランチにしたほうが良さそう。

ちなみに時期的にもお正月休みから離れていたのもあって、空いていました。やっぱりハワイは繁忙期以外に行くのが最高です。

ハワイでUberを使ってホノルル空港やカイルアへ

ハイアットリージェンシーから空港までUberで

LAでもNYでもUberを利用して久しぶりのUber(ウーバー)をハワイで活用しました。日本だと何かとウーバーイーツが話題ですが、アメリカではUBERといえば配車アプリです。

私も何かと日本ではウーバーイーツにお世話になっていますが、海外ではもっぱら配車アプリとして愛用しています。

ハワイではインターネット通信に接続できればUberがとにかく便利です。ワイキキは結構広いのでどのように移動するか?が結構重要なのですが、その移動プランにUberを選択肢にいれておくとかなり旅行の効率を上げてくれます。

観光地のめぐるツアーなどもありますが大体半日のツアーで50ドルから70ドル程度かかってしまいますいろんな場所をめぐるとツアーの場合もっとゆっくりしたい場所やもっとゆっくり買い物したい場所で自由にゆっくりすることができません。

沢効率よくたくさんの観光地に行くことができますがその場その場で時間制限があるためツアーに参加する人と一緒に行動しなくてはいけないことみんなと同じ車に乗ることなどがあるためあまり自由がありません。例えばカイルアタウンに行くツアーでもブーツアンドキモズに寄れてもホールフーズに寄れなかったり、ツアーだと何かと急かされる感じがして私は苦手なんですよね。

知らないところにガイド付きで車で連れてってくれるツアーも良いのですがある程度自分が行きたい場所が決まっている人はバスを使ったりUBERを使ったりすることで効率よく観光地を回れて自由に過ごすことができると思います。

アラモアナからバスでカイルアへ

ハワイのバスは昔より本数もかなり増え利便性が上がっているとは言えやはり時間帯によっては遅れがあったりトラブルがあったりすることで待ち時間が長くなる事もあります。これはグーグルで検索結果に出てきたアラモアナからラニカイビーチまでの時刻表です。

あと特にハレイワ、カイルア、ラニカイビーチなどワイキキから車で40分から1時間程度かかる場所はバスの乗り継ぎや時間帯によっては本数も少なく効率が悪いことがあります。

時間はGoogle マップで調べるとバスの時間も車の時間も出てくるのでその時間の1番効率が良く短い時間で行けるものを選択するとUberの方が良いことがあります。帰りは地域やハレイワなどから帰る場合も天気が悪かったり寒かったりした場合でバスがなかなか来ない時間帯の時はUberを使いました。
Uberはアプリでの決済のため車の運転手からチップを要求されることもありませんし現金を手渡すことがないため安心です。

私はロスやニューヨークでもUberを使ったことがありハワイでは初めてでしたが4回乗って4回とも特に問題はなく良い人たちでした。
Uberはドライバーの評価がこちらでつけられるのでドライバーはちゃんとサービスしてくれる印象です。

ウーバーで空港までの画面

行きも帰りも空港まではUberを使いましたがやはり時間等の指定もリムジンバス等と違いないため最後の出発日も時間ギリギリまでハワイを楽しむことができとても便利でした。だいたい空港までは20分程度でした。料金は2人で乗って26ドル。ギリギリまでどうしようか悩んだ末買うことにした買い物に走りましたw

カイルアからUberでハイアットまで

ちなみにカイルアまではバスでいくと1時間10分程度から1時間半かかりますが、Uberだと40分程度で着きます。この時はラニカイビーチのピルボックスに登って帰りに雨が降ってきたのもあり疲れ果てたのでウーバーを呼びました。ちょっと高いですが、それでも雨に濡れず、バスを30分も待つことなく帰れたので良かったです。

ウーバーでハイアットまでの画面

配車を手配すると車の種類と料金、到着時間も提示されます。

それにホノルル空港(イノウエ空港だったっけ?)からもUberだと時間がかなり短縮されます。今回はマイレージをスカイコインに変えてツアーで行ったので、ANAのツアーだったのですが、2人でリムジンバスに乗ると、レクリエーションも受けなくてはいけないし、他のお客さんと同乗のバスになるので、待ち時間とレクリエーションの時間、さらに各ホテルに回って荷物を降ろす時間が撮られるので最低でも1時間は無駄にかかります。

Uberだと自分たちのホテルに直行、Uber自体も5分も待てば来てくれるので時間に無駄がないです。ただ、Uberが止まれる場所が限られているので、ホノルル空港からだと2階の出国用の道にいかないと行けないんですけどね。でも入国出口からエスカレーターもあるので歩いて1分くらい。

ウーバーの乗車履歴と料金

Uberは支払いも登録したクレジットカードで決済なので直接お金のやり取りもチップのやり取りもないので安心。乗車履歴で区間や料金も確認できます。ドライバーも評価が悪くなると仕事に弊害があるので丁寧にしてくれます。荷物を車の後ろに入れてくれたりももちろんやってくれましたし。車自体も車種が事前にわかるので、いいですよ!

車に乗る前に顔もわかるし評価もチェックできます。

そして配車手配をUberのアプリからすると自分の位置情報を知らせて迎えに来てもらえます。位置情報が正しい場所に設定されていないとドライバーがお迎えに来れないので気をつけましょう。英語にはなりますが、アプリ内でチャットもできますし、現地の電話番号を設定していれば電話もできます。あと乗車後もアプリで現在地を常にチェックできるのでそれも安心です。また乗車情報を友達や親などに知らせておく機能もついていますよ。

今回は行きも帰りも空港ではUberを使いました。ZIPSIMを用意していったおかげもありますが、アメリカではもうUBERが便利すぎて手放せませんね。

カイルアのホールフーズ・マーケット

カイルアのホールフーズ・マーケット

カイルアのホールフーズに行ってきました。ホールフーズはアメリカに行ったら大抵立ち寄るオーガニックスーパー。ニューヨークではトランプ大統領の

オーガニックスーパーなので比較的いろいろとちょっと単価が高いものが多いですが、ホールフーズ発祥で流行るものも多く、何かと話題のスーパーです。

そのホールフーズですがAmazonに買収されたというのもあり、Amazon色がでてしまっているのではないか?とも思いましたがハワイのカイルアのホールフーズはそんな感じはなかったです。

アメリカ全土でも人気のホールフーズですが、ココで人気になったオーガニックコスメや商品は数え切れないほどです。コンブチャクレンズでお馴染みのコンブチャもやっぱりホールフーズにおろしたことで人気に火がついたという感じですからね。

ホールフーズのコンブチャ

ちなみに空になっている棚にコンブチャを補填している店員さんに、「ここにあるコンブチャはおいしいから売り切れてるの?」ときいたら、「いや、たぶん2本で4ドルのセール中だからじゃない?僕は飲んだこと無いからわからないけど。」といってました。それで補充するコンブチャってどれ?って教えてもらって、写真とっても良い?っていったらどうぞっていわれたので撮らせてもらいました。

KEVITAのコンブチャ

売り切れていたのはKEVITAというメーカーのコンブチャでした。

コンブチャの種類もかなり豊富で冷蔵庫1つが全部コンブチャだったほどです。ちょっと前はコールドプレスのスムージーとかがおいてあったりしたんですけどね。

というわけで、なんやかんやホールフーズには特に用がなくても必ず立ち寄るのですが、今回はコンブチャとお菓子を買って帰りました。

ホメオパシーのレメディ

ちょっとあれ?って思ったのはホメオパシーのレメディーが売られていたこと。実は前から売ってたみたいなんですが今回改めて気づきました。ホメオパシーとは代替療法として聞いたことがありますが商品として売られているのをみたのは初めて。このレメディっていうのを処方?してもうのが日本ではお高いんですよね。カウンセリングだけで3万とかするところもある。ホメオパシーは信じている人もいるからなんともいえないですが、商品としてホールフーズという有名スーパーで取り扱ってるっていうのにはちょっと驚きました。

ちなみに日本の厚生労働省はホメオパシーの医学的根拠はないと発表しています。(ソース元:http://www.ejim.ncgg.go.jp/public/overseas/c02/05.html

ホールフーズのアロマオイル

あとアロマオイルもなんとホールフーズのものがでていてオリジナルブランドとしてアロマオイルが販売されていました。ホールフーズでは気軽に日本よりも安くアロマエッセンシャルオイルが買えるのでいつもチェックはしているのですが、ホールフーズのラベルが貼ってあるアロマオイルが出てきていてこれも驚きました。

量り売りナッツ

ホールフーズはハワイに長期滞在する人が食材を買ったり、日用品を買うために来ることも多いので、シリアルやナッツなども量り売りされています。

カイルアビーチ行きのバスにのれば必ずこのホールフーズがあるカイルアタウンの停留所を通るのでバスに乗って外を見ているとわかると思います。

ジョンマスターオーガニックのリップ ホールフーズ

たまにジョンマスターオーガニックのリップなどセールをしていたりするので、たくさん配るお土産にジョンマスターオーガニックのリップなどはいいと思いますよ。日本の半額で変えますので。

ホールフーズの量り売りサラダ

ホールフーズはデリもあって好きな惣菜やご飯を選んで量り売りしてもらったり、ピザやカリフォルニアロールなども気軽に食べれますし、持って帰ったりその場で食べることもできます。クラムチャウダーなどのスープも飲めるので、海でもし体が冷えたらスープとかはおすすめです。

私はホールフーズではいつもオーガニックの缶入りのキャンディーやハーブティーをまとめ買いするのですが、今回はいつも買っているものがなかったです。

コンブチャはおいしくってボトルもかわいかったのでホールフーズで2回買いましたよ。コンブチャの種類の豊富さはさすがでしたね。カラカウア通りのABCマートとかでもコンブチャは買えますが種類の多さと可愛いボトルの豊富さはやっぱりホールフーズが一番でした。(日本のコンブチャクレンズはただの砂糖水ですけどね。)

ラニカイビーチに行ってきました

ラニカイビーチ

ラニカイビーチに行ってきました。バスとウーバーを使って。行きはバス、帰りはウーバー、逆もしかりで臨機応変に交通手段を使ってます。カイルアもラニカイもタクシーとかは走っていないところなのでウーバー使ったほうが良いですね。バスはビーチエリアは本数が少なく一時間に1本、2本とかになります。バスだとひとり2.75ドルでいけるので安いですが、アラモアナからカイルアやラニカイビーチまで行くバスの本数はそんなに多くないです。(詳細は後述します。)

ラニカイビーチはハワイに行くたびに毎度必ず行くお気に入りのビーチです。
ラニカイビーチはカイルアビーチとつながっていて歩いて行く時は道路を歩いて行きますがとにかくラニカイビーチの砂はさらさらで歩いていて足の裏がとにかく気持ちよく何とも言えない足つぼマッサージを受けているかのような心地よさの砂です。

ラニカイビーチ

カイルアビーチから道路沿いを歩いていくとこのラニカイというシンボルが見えます。ここを通り過ぎたらビーチ沿いに一軒家が立ち並んでいるので、間の道を通っていくとラニカイビーチになります。
ラニカイビーチは日本のビーチとは大違いで砂がサラサラしているため海から上がった後も手ではたけば砂が簡単に落とせるためビーチから上がった後、着替えの際にベタベタする感じもあまりありません。

カイルアビーチもラニカイビーチも特に気などもないため日陰がほとんどありません。カイルアビーチにはトイレとシャワーがありますが、ラニカイビーチにはありません。
ビーチパラソルの貸し出しなどもないため午後は日差しが強いので日焼けしたくない人はフード付きのパーカーや日傘などを持っていったほうがいいと思います。

カイルアビーチもラニカイビーチも近くにコンビニやスーパー等は無いためお水やジュース軽食などは持っていくといいと思います。しかしゴミ箱はないので必ずゴミは持ち帰りましょう。

カイルアタウンにはオーガニックスーパーマーケットのホールフーズやターゲットココナッツパンケーキで有名なブーツアンドキモズもあります。

ココナツパンケーキで有名なお店のブーツアンドキモズは2時には閉まってしまうのでココナツパンケーキを食べたい人はその時間も考えて道に行くといいと思います。ツアーなどで行くとブーツアンドキモズを予約してくれたりしますが、ハワイの繁忙期(日本の冬休み、夏休み、GWなど)は混んでいて1時間並ぶこともありますので行きたい人はそれも考えて行ったほうが良いですね。

カイルアタウンからカイルアビーチまで歩いて行くこともできますがレンタル自転車やバスを使って行くこともできますもちろんUBERも使えます。
数年前はレンタルサイクルのお店も小さくて必ず予約が必要だったりしたのですが、最近は自動で借りれるレンタル自転車が道にあるので、安心です。道路も自転車用の道が整備されてかなり安全になったと思います。数年前はどこを走っていいか?わからなくなるくらい歩道も車道も狭い道が結構あったんですが、だいぶ観光用に整備されましたよ。

私たちはカイルアタウンでホールフーズに寄ってトイレをすましてコンブチャグレンズで有名なコンブチャをホールフーズで買って、歩いてビーチまで行きました。
(コンブチャクレンズはただの甘味料ですが、本場のコンブチャはちゃんと発酵飲料です。)

ラニカイビーチ

カイルアビーチもラニカイビーチもとにかく水がきれいで遠浅です。砂もさらさらで気持ち良いのでぼーっと海を眺めるには最高の場所です。波の音にも海の色にも癒されます。カイルアビーチは海の中の砂までさらっさらで気持ちいいです。ラニカイビーチは浜辺の砂はさらっさらで、海の中の砂はカイルアビーチのようにはさらさらではありません。

でもラニカイビーチは海の砂がさらさら過ぎないのがまた良いのですよ。波打ち際に座って足を伸ばして座るのにはちょうどよいのです。

ラニカイビーチ

この2つの山が近くに見えるのがラニカイビーチ。カイルアもラニカイも観光名所の1つでもあるため写真を撮っている人も多くいます。

また日本人のハワイウェディングの撮影スポットでもあるためよく花嫁花婿さんがフォトグラファーさんに写真を撮ってもらっている場所でもあります。

またこのカイルアビーチやラニカイビーチを一望できるピルボックスと言うハイキング、山登りみたいなことができる場所も近くにあります。

バスはそんなに頻繁に通ってはいないのでこのエリアでの過ごし方はある程度時間をちゃんと見積もって過ごすといいと思います。

私達は午前中からカイルアビーチ、ラニカイビーチに行って帰りにホールフーズに寄ってバスでアラモアナまで行ってアラモアナでフードコートでご飯を食べて帰りました。

10年ぶりにハワイに行った友達はヨーロッパに住んでいるのですがヨーロッパのイタリアなどの離島やリゾート地に比べてもハワイのカイルアビーチとラニカイビーチはかなり気に入ったようで結局今回の滞在で2回もカイルアビーチとラニカイビーチに行きました。

ハワイのツアーなどでカイルアビーチやラニカイビーチに行くとあまりこのビーチでゆっくりする時間が取れなかったりするのでゆっくりビーチで過ごした人はバスやUBERを使ってビーチに行くのをお勧めします。

ちなみにバスタオルや砂浜で使うシートなどは必ず持っていったほうがいいです
日焼け止めや上に羽織るパーカー、日焼けしたくなくて海に入るならラッシュガード等も忘れずに持っていきましょう。

日焼けしたくない人は傘などを持参したほうが無難です。日焼け止めは1時間おき位に乗り直すまた日焼け止め防止サプリなども飲んでから行くとあまり日焼けしません。

ハワイのウォルマートでオススメのお土産

ウォルマートで買ったお土産
ウォルマートはハワイのお土産を買うのにピッタリの大きなスーパーマーケットです。場所はアラモアナから歩いてすぐ。

ハワイのお土産はホテルが並んでいるビーチ沿いのカラカウア通りで買うよりもウォルマートで買うとかなり安く買うことができます。
カラカウア通りでは観光客用の料金設定で少し現地の価格より高めに設定してあるものが多いです。

ハワイ2日目にしてちょっとアラモアナとウォルマートにお土産を買いに行きました。買い物は曇りの日に行くと決めてるんですが、ハワイ滞在2日目はまぁまぁの曇りでした。

walmart

ウォルマートは大きなディスカウントスーパーみたいなものなので日用品だったりアウトドアグッズ、キッチン用品、化粧品、サプリメントなどがかなり安く買えます。
例えばハナウマ湾でシュノーケリングをする時フィンやゴーグルをレンタルしますがそのレンタル料金よりウォルマートでフィンやゴーグルを買った方が安かったりします。
またボディーボードのボードなども20ドル位で購入可能です。

ワイキキビーチでボディーボードをレンタルすると半日で40ドル位します。毎日ボディーボードをしたい人はウォルマートで安いボディーボードを買うのもありだと思います。
またハワイの調味料であったりアメリカ特有のハーブティー、サプリメント、化粧品、キッチン用品、キャラクターグッズ、パーティー用品などもウォルマートで買うとかなり安く買うことができます。パーティー用品とかキッチン用品はターゲットでもいいですけどね。

例えばスターバックスで飲めるハイビスカスティーはスターバックスでは一杯390円ほどですが、ウォルマートにあるそのハイビスカスティーのパックは5ドル程度です。

後でこのハイビスカスティーについて記事を書こうと思っていますがアメリカのハーブティーはドライフルーツなども入っており甘味料がなく自然の甘さでとても美味しくかつ日本で買うより安いためハーブティーはお土産としてもとてもお勧めです。

オレンジチキンソース

それから今回買ったのは私の好きなパンダエクスプレスのオレンジチキンやブロッコリーと牛肉の炒め物のソースです。パンダエクスプレスはアメリカの中華料理のファーストフードのようなチェーン店でハワイだけではなくアメリカ本土に多くある人気店舗です。

パンダエクスプレスのオレンジチキンは唐揚げに酸味のあるオレンジソースが絡めてあるものです。これがかなりお気に入りで毎度ハワイやニューヨークロサンゼルスアメリカに行くときは必ず1度は食べるお気に入りご飯です。

後はよくあるマカデミアナッツやチョコレートなどもウォルマートで買うとカラカウア通りで買うより安いです。

それから日焼け止めもウォルマートで買うと安いです。

大抵ハワイで人気のアイテムはウォルマートでもセールになっていたりすることがあるので人気の商品はあらかじめ調べておいて行くのがオススメです。
私がウォルマートで買ったものリストはこちらになります。

ナディノラクリーム ウォルマートでの価格

ハイドロキノン配合のクリーム、ナディノラクリームが日本でもかなり人気だったので購入しました。まとめて12個。これは結構重たかった。
こちらはカラカウア通りのエービーシー・マートで買うと12ドルウォルマートで買うと6ドル程度です。まとめ買いする人はウォルマートで買ったほうがお得かも。ABCマートで買うなら日本のAmazonで買うのとほとんど変わりません。

crest-3d-white

ホワイトニング効果があると言われている歯磨き粉です日本でも人気でウォルマートの3倍程度の金額で売られています。これはクレストの3Dホワイトニングと言う歯磨き粉です3パックで10ドル56セントでした日本で買うと4,000円前後します。

クレスト ホワイトニングシート

クレストのホワイトニングシリーズは歯に直接貼るシートなどもありお土産として人気です。これは毎年ハワイに旅行する友達に教えてもらったのですが、後に行ったドラッグストアでイケメンアメリカ人が、これはすごく効くからオススメだと言ってました。十分歯が真っ白なアメリカ人でしたが、イケメンが言うと説得力が増しますね。

ウォルマートではホワイトニングシートはガラスのケースに入っており値段が確認できませんでした。ウォルマートでは50ドル以上の商品はガラスのケースに入っていたりしますもしくは空箱が置いてあり持ってくるような仕組みになっています。

サンチップス ウォルマート

こちらは毎回友達にお土産として買ってくるように言われるサンチップスです。なんといってもかさばるので、特にお土産としてオススメではないですが、アメリカの定番チップスのレイズとかとはまた違う味。サンチップスはオーガニック系のスナック菓子でちょっと食感が普通のポテトチップスと違い面白いです。

チップスターに近い食感ですがチップスターよりはクリスピー感があります。いつもかさばるので持って帰りたくないのですが友達が大好きなためグズグズ言いながらも買って帰っています。しかし、横田基地に行けばサンチップス定番のサワークリーム味とかなら買えるらしいですね。

タゾティー

ハーブティーTAZOティー。タゾティーはホテルなどに置いてあって気に入ったハーブティーですオレンジピールが入っているハーブティーとハイビスカスベースでパッションフルーツが入ってるハーブティーを購入しました。両方ともかなりフルーティーで果物の甘みがほんのりあり飲みやすくて気に入っています。

ウォルマート ハワイ アップルサイダービネガー

あとは今アメリカで大人気のアップルサイダービネガーを買いました。セルライトにも効くし、ダイエットにもいいと言われているただのリンゴ酢です。オーガニックのアップルサイダービネガーは今大ブームでYOUTUBEにもアップルサイダービネガーの動画がたくさん上がっています。日本でも買えるのですが、はちみつ入りのものを2本買ってみました。

ホールフーズでもこのアップルサイダービネガーがものすごい並んでました。

ハワイではちみつ入りのアップルサイダービネガーを1本飲み干しましたが、水に希釈して飲むので4日ほどで飲みきりました。はちみつ入りは飲みやすかったですね。はちみつなしのものはただ酸っぱいだけ。ホント、ただのお酢でした。

あとはキャラクターもののイラスト入りのジップロックとか、キャラメルソースとか、こちらでしか買えないものをドイツ在住の友達が買っていました。ケーキやタルトのベースになるオレオのクッキー皿とか。

バンドエイド

日本で買うと800円はするこの張りっぱなしで傷を治すバンドエイドのキズパワーパッドも約6ドルと少しお得。クリスチャン・ルブタンのパンプスを履くときに欠かせないアイテムとしていつも持ち歩いていますが、安かったのでまとめ買い。

ウォルマートは基本的に日用品を大量購入する現地の人に利用されているためカートも大きく入り口も少しわかりにくいですとにかくお店自体が大きいので滞在時間はすぐに2時間3時間かかってしまいます。

ウォルマートのセルフレジ

あと半分はセルフレジでした。セルフレジ、海外では当たり前に感じますね。オーストラリアのケアンズもセルフレジありましたから。ちなみに、袋は50セントですが有料です。流石に大量に買ったので袋は買いました。カメラがついていて不正できないようになってましたよ。あと、重さも自動で図ってくれて間違いがないか?の機能がついていてちょっと驚いた。

ウォルマートはアラモアナから歩いて1分程度の場所にあるので行きやすいですが大量に買いすぎると帰りに持って帰るのが結構大変になります。

ハワイの旅行で長く滞在する場合はアラモアナで大きめのハーゲンダッツのアイスなどを買ってもいいかなと思います。

ある程度購入するものの目星をつけていくと滞在時間を短縮できると思いますよ。

例えば天気の悪い日などにウォールマートとアラモアナをめぐってもいいんではないでしょうか。

ハワイ旅行のためのSIMカードは日本で購入

zipsim

ZIPSIMというSIMカードをハワイで使うために買いました。

今回のハワイ旅行は久しぶりにハワイに行く友達と一緒に行ったため別行動をしたかったというのが主にSIMカードを買った大きな理由です。
またハワイではUBERが使えると言うことで今回はUBERを使うためにもSIMカードが大活躍しましたSIMカードはアマゾンで購入しハワイに持っていきました。

このZIPSIMというSIMカードは7日間使えるSIMカードで使い切りタイプ、アマゾンで2,000円ほど。https://amzn.to/2CNNNbf

SIMカードは現地でアクティベートするタイプで日本ではそのまま使えません。そのため、これはこのまま持っていってセットアップはハワイで行います。

しかし、SIMカードを使うためにスマートフォンのSIMカードを使えるようにするための下準備(SIMフリーに設定する作業)が必要です。

各キャリアのルールがあるのでそれぞれのキャリアのSIMカード解除の手続きをする必要があります。私の場合はキャリアはauでauの場合は新しいスマートフォンを購入してから半年後からSIMカードの解除ができます。半年たっていたのでauのサイトから解除できました。

SIMカードの解除のやり方としてはauの場合、auのサイトに行き自分のauIDでログイン。SIMカードの解除手続きをインターネットで行うことができます。
トップ>サポート>サービス別サポート情報>スマートフォン・携帯電話をご利用の方>お手続き方法のご案内>SIMカードに関するご案内のページからすぐに解除できますがハワイに行く前に済ませておいた方が無難です。

またSIMカードは入れ替えの際にスマートフォンの横のSIMカードの出し入れをする場所にピンを差し込んで開く必要がありますのでそれも忘れずに持参しましょう。ピンはスマホを買ったときに付属されているものです。SIMカード自体はとても薄くて小さいので、自分のキャリアのSIMカードも取り外した後なくさないように気をつけましょう。

ハワイに着いたらすぐに空港でSIMカードのアクティベートをしてUBERを空港に空港からホノルルまで使いました時間帯にもよりますがホノルルから空港までのUBERの料金は大体20ドルから30ドル程度で行くことができます。(UBERはドライバーの提示額が混雑時などによって価格が変わります。)

2名で乗るなら一人当たり12ドルから15ドル程度です。
UBERは料金が最初から提示されていますが後からチップをスマホで払う形になります。チップは払っても払わなくても大丈夫です。

zipsim-opend

SIMカードのアクティベートはただSIMカードを入れてスマホを再起動すればいいだけです。日本語マニュアルも付属していましたが、見なくても設定できました。
SIMカード入れたらスマホの電源を切るように指示があるのでそのように従えば再起動後に現地の通信先につながるようになっています。

私が買ったZIPSIMは500MBで7日間有効なものでした。

実際に7日間使ってみて500 MBは余る位でした。現地での通信はGoogleマップやUBERの利用LINEやLINE電話の利用として使いました。

写真などをインスタなどにアップしたり、たくさん写真を送ったり受け取ったりすると通信量が多くなり容量が足りなくなると思いますのでホテルのフリーWiFiを上手に利用して移動時のみSIMカードの通信を使うようにするといいと思います。Googleマップも行先のデータはスマホにデータとして落としておくといいですよ。バスの時刻表なども調べてからスクショしておいてすぐに確認できるようにしておくと便利です。

現地でもSIMカードの購入やWiFiのレンタルもありますが、一日あたりの価格はZIPSIMの方が安かったです。ZIPSIMは差し込んで再起動するだけと設定も簡単だったのでアマゾンで買ってもっていくのが1番楽です。(ちなみに、電波がないところでやるとアクティベートできないため、電波がありそうな街中で行いましょう。あとホノルル空港内の入国審査の場所はインターネットに接続ができません。)

レンタルWiFiの場合、充電なども必要になってくるためまた荷物が1つ増えると言うのもあるためどちらかと言うとSIMカードの差し替えだけの方が私は便利だなと思いました。

空港でのレンタルWiFiなども日本やホノルルでありますが1日あたりの料金として大体500円から1000円位となっているため、SIMカードの方がお得だと思います。
現地で使える時間は限られていますので現地でWiFiをレンタルしたりSIMカードを探すより日本であらかじめ準備を整えていた方が現地での時間を有効に使えますよ。

ZIPSIMのAmazonでの購入はこちら⇒https://amzn.to/2CNNNbf

ハワイ旅行のためにネックピローを買いました

オーストリッチピローGO ネックピロー
ハワイ旅行のためにオーストリッチピローGO ネックピロー 低反発 改良版を買いました。

ネックピロー(首枕)は海外旅行に必須のアイテム。首のコリや首の筋違いの予防になるので、新調しました。

もともとネックピローはU字型のネックピローを愛用していたのですが、さらに高品質なネックピローが欲しくなり、アマゾンでいろいろ調べて購入。(口コミも悪くなかったので)

オーストリッチピローGOは低反発で、首のところにマジックストッパーがついていて、でもこれが、通常のマジックテープと違って、洋服についても引っかかりにくいものになっているというスグレモノ。ビーズタイプのネックピローより重たいというのはあるけど、この低反発の心地よさとマジックテープでの調整ができるのは気に入ったところ。

オーストリッチピローGO ネックピロー

首の筋を違えると、1週間は具合悪いから私にはこのネックピローは必須アイテムですよ。

オーストリッチピローGOはAmazonの通販で購入したけど、変な匂いもないし、カバーも取り外して洗えるのもあって清潔に保てるし、コンパクトに収納できるか?って言う点ではさほどでもないから私は手に巻いて持ち歩いていました。だから収納ポーチみたいなのもついていたけど、持っていかない。

オーストリッチピローGOは実際に使ってみてもすごく快適でした。

ネックピローは1000円程度から5000円するものまでピンきりでありますが、普通のネックピローよりも少し高めだけど買ってよかったです。

これから10年、20年と使うことを考えればいい買い物かな。いっつも帰ってきて首肩が凝って仕事にならないってことがあるので、首の筋肉の負担、筋を痛めることは極力避けたいという私のこだわりです。

Amazonなら最短翌日に届きます。アイマスクとかついているタイプもありますが、ネックピローだけでいいと思います。
オーストリッチピローGO ネックピロー⇒https://amzn.to/2RQWvQ9