月別アーカイブ: 2019年10月

娼年の松坂桃李の女からの感想

娼年

娼年。まあタイトルの通り体を売る男性というか大学生の映画を見ました。

松坂桃李の女性に人気で興行収益が3億円突破とかいう、え?ステマなのでは?というレビューの多い映画をみてみました。友達にもエッロイらしいよっていわれて、どんなんなのだ?という興味本位で。

もう衝撃的といえば確かに衝撃的なんですけど。こんな衝撃は別にいらねぇっていう衝撃でした。

まあ、名前の通り今で言えばママ活っていうのでしょうか?実際にあるとかないとか、ツイッター界隈でも話題になってますけど。レンタル彼氏とかそっち系のたぐいの。

女性用風俗とかもうちょっとマニアックなジャンルの話なんですけど。思ってた以上に後味の悪い作品で、レビュー書いている男性とか、映画評論がもうでたらめすぎるなとおもってブログを書くに至りますよ。

いやね、松坂桃李のセックスシーンが激しいっていうのはあるけど。もう何ていうか女性が求めているものではないよね。ただ単に松坂桃李のファンとかでもあんなのに興奮してしまうのはちょっと問題ありかと思うっていうくらい。なんていうかAVに近い乱暴なセックスシーンがほとんどで。

そういう描写を見たくてあの映画を見た人ってどれくらいいるの?っていうくらい行為のシーンが多いのと。なによりも、性癖に問題がありな女性ばかりでもういろいろツッコミどころが満載してるし、気持ち悪いシーンも度々あるので、マジで、幸せな彼氏とのラブ・ライフを送ったことがない人には害悪イメージでしかないとおもった。

セックスがあんな形、要は快楽だけの、興奮するためだけの、処理的な行為としてのものが殆どで。

双方の心模様とかの描写ほぼなし。ただのプレイ。

まぁもちろん、娼年だから体売ってるわけだから、っていったらそれまでなんだけど。実際にお金払う行為だとしてもあれを求めている人っているんだろうか?っていうくらい。魅力のない行為としてのそれで。とにかく不快だったのですよね。

処女の友達や、幸せなメイク・ラブとしてのセックスをしたことがない人には絶対に見せちゃだめだわ。こんなのトラウマになるわっていう乱暴な描写も多い。ていうかもう乱暴。むしろドン引き。ドン引きシーンばっかり。

もうね、松坂桃李のファンでない限り、お尻のアップとかケツ筋の動きのリアルさとか、舌が入ってるキスシーンとかもむしろどうでもよくて。ストーリーとして全くもって共感できるところがない。

それが本当に嫌な意味で衝撃でしたね。

そんな性癖とか知りたくないし見たくないっていう内容ですよ。例えば、女子高生だったとき帰り道に露出狂に会ってしまって、うっかり下半身とその手の動き見ちゃった。

うわぁ~キッモ!!っていう感じのたとえになるレベルのシーンもあるし。しかもオッサンの。もう気持ち悪い以外の何物でもないですよね。

これを許容しても見れるっていう怖いもの見たさの人はいいと思う。後は変な性癖に寛容な人。

そうじゃない人は見るべきではないですよね。マジで。まともな人は関わりたくない人達ばっかり。それを偏見といわれたらそれまでだけど。それを許容してっていわれてできる人ってなかなかいないとおもう。

松坂桃李の役どころのキャラクターも闇深いわ、思いやりはないわ。自己中でネガティブっていうか。愛されてこなかった、人間関係もまともに女性と作る機会がなかった大学生なんですけど、こんな人を娼夫にしたら、もう色んな意味で狂気。どんなにイケメンでもこっちがメンタル病みそうだし。生産性がない人間関係しかつくれなさそう。

一言でいうと。愛がない。

愛を感じがたいとかそんな感じの人間ばかりで性欲だけはあってビジネスとして成り立たせてるっていう。人間関係の大事なその人の背景とかも軽く短い感じだし。薄っぺらい人間関係で成り立ってる会員制クラブ自体にも疑問が。喋れない娘もかわいそうだけど。不気味でしかない。もはや怖い。

あとは娼夫の会員制クラブのオーナーがまさかのエイズという設定なんだけど。これも誤解を与える表現でしかないから、ちょっと憤りを感じましたよ。

エイズってHIVウイルスが発症したあとの病名で。発症していなくてHIVウイルスを抑える薬飲んでたら感染することほとんどないですからね。まぁもちろん細かいルールはありますけど。

もうエイズってだけでこの世の終わり。はい終了みたいなストーリーありがちですけど。それってHIV感染者に対する理解がなさすぎるし。差別につながると思うんですけど。

まぁ、ウイルスには感染していないに越したことはないけど。こういう映画でまで誤解を与えそうな表現はどうかなって思いました。

とはいえアマゾンのレビューがやっぱりいちばん正直で笑えました。

松坂桃李くんAVみて勉強したっていってたけど、へったくそなんだなって書かれててかわいそうだと思ったけど。うん、ですよね。あんなの誰も求めてないよな。っていう感想には共感しました。

他の人のブログレビューはマジステマなんだなっておもっちゃった。

にしてもホントなんかもやっとする気持ちの悪い感じが残る映画久しぶりに見ましたよ。救いがないわ。

あ~、こんな希薄で思いやりのない人間関係しか持てない人がいるのであればとてもかわいそうだわ。石田衣良作品、病んでるなぁ。

まだウシジマくんとかのが地味に愛があるわ。

ナディノラクリームの劣化と変色

変色したナディノラクリーム

ハワイで大量に購入したナディノラクリーム。久しぶりに使おうとおもったら盛大に劣化してた。

何この色?どうしてこんな気持ち悪い色になっちゃったんだろう?ってくらいの謎くすみピンク色になったナディノラクリームです。これ。劣化ですね完全に。

劣化して変色しちゃったみたいなんですよ。まぁ、いうて買ったの1月で夏を経過してしまったので仕方ないと思うんですけど。ここまで色が変わるとはね。なんだろう。怖い。

ちなみにこういう色に変色したら使っても意味ないらしいです。なので中身のクリームは拭い捨てて、ガラス瓶として捨てましたよ。

変色したナディノラクリームと新品のクリームの色

もう手に出してみるとこの色の違い。私は欲張りだったので、何個も買ってきて未開封のものがあったので、そっちを開封してみたらやっぱり真っ白だったからね。

これは時間の経過や温度の劣化なのかもしれないと思って、未開封のものは冷蔵庫に入れました。

変色したナディノラクリーム

クリームって油分を含んでるから油分も暑いと酸化しちゃうんだと思う。そしてこの劣化具合。ただ、だいぶ使用したのでまぁ満足です。

友達にも大量に配ったナディノラクリームなんですけど。肝斑持ちの友達が、シミが薄くなったと大絶賛だったんですよね。そして私も思いだしたかのようにもう一度つかってみようとおもったらこの劣化でしたから。

ちょっとびっくりして、いろいろ調べちゃいましたよ。ピンク色になったナディノラクリーム。つかっていいのかな?とか。

ハイドロキノンも劣化するのね。安い買い物だったのとたっぷりつかってたからいいけど、だいたい開封後3ヶ月程度で使い切ったほうがいいみたい。

しかし3ヶ月っていうには結構量あるんですよね。しかもシミのところだけに使うとかだと減らないし。顔全体に塗ろうとかおもってたけど、部分的の方がシミが薄くなったのはわかりやすいみたいです。

Nadinola Discoloration Fade Cream 2.25oz Extra Strength (並行輸入品)
価格:1,299円(税込、送料別)(2019/10/12時点)

鬼滅の刃にハマった

きめつの

鬼滅の刃。アニメも漫画もハマりました。ジャンプで連載中の漫画なのですが、面白くて続きが気になる漫画の一つ。

ネタバレになっちゃうけど、不死川実弥の大好きなおはぎが食べたくなって日本茶いれて食べちゃいましたよ。セブンイレブンのプチおはぎ。美味しいのね。

今、毎月気になるな!っていうのは進撃の巨人と鬼滅の刃の2つ。これは毎月、鬼滅の刃は毎週だけど、続きの話が気になって仕方ないっていうのと楽しみでワクワクする漫画。

他に継続して読んでいるのは今はベルセルクとハンターハンター、ワンピースかなぁ。

女性ものの漫画はたまに漫画喫茶にいって読み漁る程度で継続連載しているものを追いたいってほどのものはないんですよね。今ちょっと気になっているのはいつかティファニーで朝食をと、執事たちの沈黙と西炯子の漫画くらいかなぁ。あと数年に1冊でてくるガラスの仮面とか王家の紋章とか。

鬼滅の刃はジャンプ連載の漫画でも久々のヒット。ワンピースやハンターハンターも読むけど、鬼滅の刃ほど続きが気になる興奮度はないんです。

鬼滅の刃はキャラクターが魅力的かつ話のテンポが早いし、キャラクターも多すぎず話も複雑すぎないところがいいです。ワンピースはキャラクターが増えすぎて覚えてられないし、ごちゃごちゃ感があるから、そこまで楽しみ!ってほどでもないですし、ハンターハンターは頭使うので、文字も多いし、セリフの意味がわかんないときもあるから気軽に読めないんですよね。好きだけど。

それに鬼滅の刃はアニメ化してアニメならではのスピード感とかがあって本当にハマった。何回再生してもまた見たいと思える内容。BGMもかっこいいし、声優さんもまた素敵。

進撃の巨人もシーズン1は繰り返しみたけど、それ以来のはまりっぷりです。

鬼滅の刃はHuluとかAmazonプライムにあるんですけど、スマホにデータ落としましたからね。何回も見たいから。

まぁ、しかし、最近は吸血鬼的な鬼要素と血の問題がある題材の漫画が人気ですよね。

デビルズラインにしても、東京喰種にしても。

ドラマでは最近また放映がスタートしたウォーキング・デッドとかもそうですよね。あれはゾンビだけど血液感染するから。

日本は特に昔の絵にも鬼とか地獄の描写があったりしたから、鬼狩りって違和感ないけど。

やっぱり日本のアニメって大人向けな残酷な描写もあるけど、迫力とスピード感がグラフィックのおかげで上がってて面白いんですよね。

友達にも面白いよって伝えたらはまってましたけど。これは進撃の巨人みたいにドル箱ヒットになるんじゃないかな?

鬼滅の刃はキャラクターが愛らしくて、思いやりのあふれる炭治郎がかわいくて慈愛とは?許しとは?と考えさせられる内容なんですよね。どちらかというと許しというのがテーマなんじゃないだろうか?って思うくらい苦境の中でどこまで許せるかっていう試練が多いストーリーが多いかなぁ。

心の闇を持ってしまいがちで他人に正義とは?正しいことの強要をしてしまいがちな世の中ですが。許容と受容のある慈愛が主人公の炭治郎や他のキャラクター、柱や仲間たちに感じられれ成長していく姿が魅力なんだろうな。

鬼滅の刃は読み返したいほど面白いから全巻購入必須ですね。アマゾンの鬼滅の刃の全巻の値段割高なんですけど。書店で買うべきかも。