星野リゾート」タグアーカイブ

星野リゾート界 川治温泉宿泊記

星野リゾート界川治 渓流和室

ここのところ星野リゾート系列制覇目指して?やたらと星野系列に行きたがる私。

星野リゾートの西表が気に入って来月またいくんだけど、系列の旅館はサービスの期待を裏切らないところが安心して選べるところ。

川治温泉は栃木県にある星野系列のホテルの中でも比較的お手頃価格。日光や鬼怒川も気になったけど。

今回は川治温泉にしました。しかし、川治はアクセスが微妙に良くなくて、土曜日は新宿から特急も出てるんだけど、平日や日曜日は乗り継ぎミスると、途中で待ち時間が1時間以上あることも。

案の定、私たちは乗り継ぎミスって、栃木駅で2時間ほど乗り継ぎ待ち。車でいくぶんにはいいかもですが、電車で行く場合は乗り継ぎを吟味していく必要があります。都心から行く場合いくつかの乗り換えルートがあるので間違えないように!

油伝味噌

仕方なく栃木駅を散歩して、こんにゃく屋さんの油伝味噌でこんにゃくとビール飲んで時間を潰しました。

川治は駅までのバスの送迎があったので、15時半には旅館につきました。バスは10人程度が乗れるサイズのもの。川治温泉駅は改札もなく、コンビニもありません。

徒歩でも行ける距離ですが、界までの間に特にお店もなく、商店が1店ある程度でした。

鬼怒川も川治も温泉旅館街がすたれてて、倒壊しちゃうんじゃないか?っていう空き旅館もあるっていうから、どうなのか?と思ったけど。川治も営業してなさそうな旅館が立ち並んでました。あまり周りの観光を期待してたわけじゃないので、界川治の温泉を楽しめればいいかなと言う感じ。

とりあえず、お部屋にチェックイン。私たちは日曜日チェックインだったのでさほどフロントも混んでいませんでしたが、土曜日は満室だったそうです。

星野リゾート界川治 フロント前

フロントはひょうたんの形をしたランプが上からぶら下がっていました。確か界川治のシンボルと説明された気がします。

界には和紙でつくるハガキや大豆をウスで砕いてきな粉作りなどもあってよかったです。界アンジンもですが、空き時間を楽しめるアクティビティがあるのが星のリゾートの定番。

星野リゾート界川治 きな粉づくり

和紙もきな粉づくりも要予約で人数制限ありです。このアクティビティは時間が決まっていて人数制限があるため早いものがちです。残念ながら私たちはきな粉を臼でするアクティビティは体験できずでしたが、和紙ではがきをつくるアクティビティは予約できました。

軽く入り口からの見物をして、受付でのチェックインが済ませてお部屋に案内されました。

界 川治の渓流和室

渓流和室

渓流和室(50㎡)を予約しました。ちなみに夕飯と朝食付きで2名で55,740円。チェックインは15時、チェックアウトは12時です。

星野リゾートは時期によっても土日祝を含むか?でもかなり価格の変動があります。私たちは5月にいったのですが、1月になると1人7,000円程度で泊まれることも。え、半額以下。宿泊時期で西表島も全然違ったので、平日の繁忙期以外で予約するとお得に泊まれますね。川治は近隣にある星野リゾート界の鬼怒川や日光よりお安く泊まれます。

室内露天風呂付きのお部屋もあったけど、大浴場でいいよねってことで。界川治は愛犬と泊まれるプランもあります。
お部屋の案内とお風呂などの案内をスタッフさんに説明を受けて、写真を撮ってもらいました。このときは友達との10年ぶりの旅行。誕生日のお祝いも兼ねてのまったり旅でした。

星野リゾート界川治 渓流和室 ツイン ベッド

渓流和室はツインベッドで広々とした和室です。枕元にコンセントがあるっていうのがやっぱり便利。星野リゾートは大抵ちゃんと枕元にコンセントがあるんだよね。

星野リゾート界川治 ソファ 渓流和室

ソファーから眺められる窓からは川と緑が見えて清々しい空気を感じられます。ちなみにこのときはベランダの屋根に燕が巣をつくっていたため、燕が行き来していました。

kai-kawaji-welcome-sweets

のどかな風景を眺めながら、お茶を入れて、お菓子をつまみながら、楽な作務衣に着替えます。電気ケトルやお茶はありセルフサービス。

星野リゾート界川治 風呂敷

こちらはお風呂や食事処にもっていく風呂敷。風呂敷の端を結んでバッグにします。

お昼を軽めにしたからすでにお腹が空いていましたが、ここでは我慢。無料のWifiはあります。速度もそこまで気になりませんでした。TVはあるけど一度も付けなかったなぁ。毎回星のリゾートのテレビの位置っていまいちなことも多くて一回も付けてないかも。

星野リゾート界川治 温泉 足湯

川治には外に足湯があって、早速足湯につかりにいきました。川を眺められる足湯でゆっくり談笑。

タオルもたくさん用意されていて、お掃除のスタッフの方も定期的にみまわりにこられている感じでした。外の足湯はあまり大きなスペースではなく6人程度が座れるベンチがある足湯。

星野リゾート界川治 足湯

時期的に涼しかったので丁度よかったです。夏だと暑いかも。外の空気と足湯を楽しんでから、大浴場へ。

私たち、夕飯の予約をあらかじめしていなかったので19時の夕飯に。

夕飯は2部制。まだ時間に余裕がありお部屋にお風呂はないので、大浴場へ。

大浴場は十分な広さがあって、アメニティも充実していました。星のリゾートのアメニティが揃っており、脱衣所にはウォーターサーバーもあり快適でした。

大浴場はほぼ貸切状態でゆっくり楽しめました。

星野リゾート界川治 温泉 フリードリンク

お風呂上がりにはハト麦茶と塩レモンジュースが飲めます。この飲み放題のジュースがいいんだよねぇ。星野リゾートはその地域の特産物や地ビールなんかがサーブされることが多くて、それも楽しみの一つ。星野リゾート西表島はパイナップルジュースだったりスパークリングが振る舞われたし、星野リゾートトマムもスパークリングが飲めた。

星野リゾート界川治 温泉 フリードリンク レモン塩

川治ははと麦茶とレモン塩もおいしかった!界アンジンのローズヒップとリンゴ酢のジュースの次に気に入りました。

アイスキャンディも食べ放題。冷凍庫にたっぷりはいっていました。

星野リゾート界川治 アイスキャンディー

アイスキャンディーで乾杯!湯上がりをまったり過ごします。お風呂は室内の大浴場と外に露天風呂が2つあり。座禅を組んで瞑想するスペースも。

ぼーっとすごすには最適な畳のスペース。座禅用の椅子の前には瞑想のガイドもありました。

星野リゾート界川治 温泉 休憩所の瞑想椅子

お風呂上がりのスペースはそこまで広くないけど。よかったです。景色を眺めながらぼーっとできる空間です。

星野リゾート界川治 温泉 休憩所

界 川治の夕食

界川治の夕食は2部制で私達は後半の19半時からとなりました。(前半は17時半)夕食もアップグレードができたりしますが、私たちは特にアップグレードは選択しませんでした。アップグレードをすると和牛しゃぶしゃぶやイノシシ肉などが楽しめるようです。

星野リゾート界川治 スパークリング日本酒

今回は友達の誕生日も近かったので、誕生日のスパークリングをプレゼントしていただきました。日本酒のスパークリングは甘すぎずほんのりの甘みで美味しかったです。誕生日などのお祝いにはこういったオプションが付けられました。今回はサービスしていただきました。他にも有料でケーキなども用意していただけます。

星野リゾート界川治 夕飯メニュー

お腹が空いたところで待ちに待った夕飯のメニューです。界川治は半個室での夕食スペース。半個室といえど、ドアがないだけで仕切りで十分にプライバシーが守られる感じです。他人の目は気になりませんでした。

界川治 手まり寿司

最初にいただいたのは手まり寿司。丸く可愛らしいサイズの干瓢の手巻き寿司でした。白い干瓢と黒い干瓢。黒い干瓢にはクリームチーズが挟まっています。

次は煮物椀。蛤しんじょとそら豆のかき揚げにわかめと桜の花びらが添えてあります。

煮物椀

上品なお出しでいただく煮物椀はほっこりします。続いては一度にお盆に盛り付けられて運ばれた盛り合わせです。

星野リゾート界川治 夕食 八寸

合鴨ローズに鯛の昆布締め、ホタテのお刺身、湯葉など一口サイズの食べやすい品々。次が揚げ物。白身魚と鶏、野菜の揚げ物でした。

界川治 夕食 揚げ物

レモンが添えてあり、食感も楽しめる揚げ物でした。蓋物はえんどう豆と鶏つくねの葛寄せ。

星野リゾート界川治 温泉 夕飯蓋物

このあたりであれだけお腹を空かせていたのに、ちょっとお腹いっぱいになってきたところでご飯です!炊き込みご飯!星のは土鍋で炊き込みご飯を出してくれます。

星野リゾート界川治 夕飯の鰆の炊き込みご飯

さわらの炊き込みご飯は乗っているグリーンピースもやわらかくておいしかったです。子供の時グリーンピースのご飯は大嫌いでしたが、大人になって食べるグリーンピースのご飯は美味しく感じますね。魚のお出汁が効いているほんのりおこげがあって香ばしい炊き込みご飯。

星野リゾート界川治 夕飯 炊き込みご飯

なんだかんだおかわりして完食するほどおいしかったです。星野の夕飯は器も楽しめて贅沢な夕食に感じますね。

星野リゾート界川治 夕飯デザート

それと香の物がとってもおいしかった。赤だしの味噌汁もおいしかったけど。漬物が美味しすぎて全部ごはんといただきました。土鍋のご飯はキレイにいただいたところで、デザート。

星野リゾート界川治 朝食

デザートは杏仁豆腐のようなミルクムースに苺ソースがのっているものでした。あっさりしていて美味しかったです。

川治の夕食はお肉ガッツリとかいわゆるメインの大きく贅沢な目玉が出てくる感じもないですが、素材一つ一つが上品で食べやすく満足感が持てる内容でした。お肉がっつり食べたいっていう男性には物足りないかもしれないですね。

界川治の朝食

星野リゾート界川治 朝食

朝食は至って普通の朝食でしたが、昨日の夕飯に食べたお漬物がまたでてきてくれたので完食。量も多すぎる感じもなく、野菜たっぷりの鬼子蔵汁に温泉卵、鮭と大満足でした。

星野リゾート界川治 温泉 足湯

帰りもチェックアウト時間帯に2便のバスがあったのですが、朝食後チェックアウトのギリギリまでゴロゴロ過ごして、お散歩をしてからのんびり徒歩で川治温泉駅まで歩いて帰りました。ちなみに川治温泉駅までは小さな商店があるくらいで他になにか見所という見どころはない感じです。建壊し中の旅館もあるので景観は期待しないほうがいいかなぁ。

徒歩圏内では川岸の散歩くらいしかすることがないですね。

温泉を楽しめればいいか。と思える人には星野系列の温泉でも日光や鬼怒川と比べても比較的泊まりやすい価格帯ではあるので1泊ゆっくりするのにはおすすめです。電車で行く人は乗り換えにご注意くださいね。土日祝日と平日では乗り継ぎの便が悪いですから。

ビール

食事後にまったり最後に足湯を楽しんで、帰りの電車ではビールとスナック菓子をつまみながらゆっくり帰りました。

友達との温泉旅行は久しぶりだったのでとっても楽しかったしゆっくり話せて一緒にのんびりできて幸せでした。

鬼怒川や日光もいってみたいなぁ!

星野リゾート界アンジンに行ってきました

界アンジン 宿泊記

星野リゾート系のホテルとふふ系列のホテル全国制覇を地味に目指している私。温泉に行きたいな~と思って色々検討していたところ。

星野リゾートが独自に行っている地域限定優待のGOTOキャンペーンがあることをインスタで知りました。最近インスタの口コミとかストーリーで旅行先とかグルメ系参考にしちゃう。

界熱海は改装中だったのもあって対象エリアの中で熱海よりちょっと先の伊東にあるアンジンへ。ちょっと贅沢に2泊することに。

星野リゾートの界シリーズは伊東とアンジンと2つあります。伊東はアンジンからほど近いのでせっかくなら2泊目は伊東にすればよかった。

熱海も実は2つあるんですよね。リゾナーレ熱海と界熱海。

同じエリアだとどちらがいいか?迷いますよね。

ただ、私はなんとなく屋上からの海の眺めの写真が素敵だったアンジンを選びました。アンジンはビジネスホテルを改装した感じのビル全体がホテルになっているタイプ。

界アンジン 外観

最寄りの伊東駅からの送迎はないですが、15分から20分くらいで歩いていける距離です。タクシーでは5分くらい。

ちなみに平日に行ったということもあり、伊東駅からアンジンへの道のお店もほどんとしまっていて、特にお散歩道には見どころはないです。表の大通りは裏口になっていて、入り口は川が流れている方に面しています。

普通にビジネスホテルのような外観がったのですが、他に周りに目立つ建物がないのですぐにわかりました。

受付も待たずに入れました。

界アンジン フリードリンク ロビー

ロビーは無料のコーヒーやハーブティーが用意されていてセルフサービス。小さなお土産コーナーがあります。星野の香の物は結構好きなのでちょっと物色。

界アンジン おみやげコーナー

おみやげコーナーはなにげにおしゃれな容器で美味しそうなものが揃っているのでワクワク。早速受付を済ませてお部屋へ。

今回のお部屋はスタンダードのダブルベッド。部屋の仕切りもおしゃれ。

界アンジン スタンダードルーム

お部屋からは海が眺められて、窓も開きます。窓は全開にはなりませんでしたが、窓が開かないホテルも多い中、窓が開けられるのは嬉しいです。

界アンジン コーヒー

お部屋には星の系列のカタログとお菓子。お菓子は硬めのオレンジピールの入ったビスケットでした。コーヒーを入れて一息。(星野系列は大抵ドリンクはセルフサービス)

界アンジン 冷蔵庫

冷蔵庫にはお水と地ビール。瓶の地ビール!お風呂上がりが楽しみ。上に載ってるのはお昼に買ったカツサンドw

界アンジン 窓 スタンダードルーム

お部屋には2人がけのソファーと1人がけのソファーがあり、テレビは壁に埋まっているタイプ。裏にアームがついていて多少前に引っ張り出せるタイプでした。

界アンジン 作務衣

作務衣と靴下も用意されていました。浴衣ははだけるので作務衣のスボンのほうが安心する。胸元にはボタンもついてて、スボンはウエストにゴムが入っているのも良き。

界アンジン 洗面所

部屋のお風呂はないですが、シャワールームがあります。アメニティも星野オリジナルのものがおいてありました。

トイレも自動開閉タイプ。自動開閉、自動洗浄タイプになれてしまっていると、うっかり流し忘れたり、蓋を締め忘れたりしがちなのでありがたいです。(寝ぼけてたりすると特にね。)

界アンジン ダブルベッド

ベッドも広々ふかふか。コンセントも枕元にあって便利。は~!ゴロゴロできるぞー!って感じで幸せ。星野リゾートのカタログ見ながらゴロゴロ。星野系列のホテルたくさん増えてる。

界アンジン 星野リゾート107

リゾナーレの買収後のリニューアルホテルも増えた印象。気になる。このコロナ禍でも星野リゾートの攻めとマーケティングは勉強になる。

いろんなホテルに泊まってみてわかったけど、星野リゾートのサービスはどこもある程度一定だから安心なんですよね。

初めてのホテルのサービスとかはそれぞれ期待値と値段とでがっかりしてしまうことがあるけど。大手の系列ホテルってある程度マニュアル化されているサービスがあるから期待値を裏切らないというか。

この価格と料理と施設でこんな感じっていう満足度がある程度想像できるのがいいんですよね。アンジンもその期待を裏切らない感じで、お部屋もおしゃれだし。ベッドもいい感じ。フリードリンクとかのサービスもどこもある程度一定なのがうれしい。

全部が全部丁寧すぎないのもいいんですよね。お部屋の説明とかも丁寧すぎない感じが好み。もちろんフリーWifiもあり。

夕食が17時半からを選んでいたので、さっそくサクッと温泉に入りに行ってきました。

アンジンは貸切風呂はなくて男湯、女湯があり、どちらも同じタイプの温泉。屋上にあって、真ん中のロビーを境に両端にわかれています。

界アンジン リンゴ酢ローズヒップ

真ん中のロビーにはフリードリンクのリンゴ酢とローズヒップのジュースと地ビールがあります。

これがどちらも最高に美味しかった。

界アンジン 浴場前のビールサーバー

これが飲み放題なのは本当に嬉しい。なんだろう。すごく贅沢。ビールを飲みながら外の空気を感じて一休み。海が眺められるのはいいですね。

界アンジン 屋上からの羨望

ちなみに露天風呂からも海は眺められます。大浴場は大きめの内風呂と露天風呂があります。十分な広さがあったので、平日だったのもあり、夜は時間帯によっては誰も外の露天風呂に入っていなくて貸切状態だでした。

あまり飲みすぎると晩ごはんが入らなくなるので程々に。チェックインは15時だったので17時半の晩ごはんはあっという間です。

界アンジンの晩ごはんは季節の和会席

界アンジン 日本酒

楽しみにしていた和会席。まずは日本酒を注文。キリッとしたタイプの日本酒を頂きました。

界アンジン 夕飯 烏賊メンチ南蛮漬け

まずはイカメンチの南蛮漬け。お通しみたいな感じ。一口でパクリ。

界アンジン 土瓶蒸し

次に秋を感じさせてくれる土瓶蒸し。甘鯛に海老芝煮。きのこがいろいろはいっていて、出汁が美味しかったです。家ではつくらないもんね。こういうの。

界アンジン 宝楽盛り

アフタヌーンティーのケーキスタンドみたいな様式で運ばれてきたのが宝楽盛り。

この宝楽盛りはここアンジンに由来する船をイメージして作られたもの。アンジンは日本に漂着した英国人航海士の三浦按針という人の名前。徳川家康時代に日本初の洋式帆船の建造を伊東でした人物だそう。

鳥と干しぶどうの松風。白玉ごま味噌、甘エビの紹興酒漬け、いくら、渋皮栗の白あえ、鮭の幽庵焼き、すずきの棒寿司、秋刀魚丸、ずんだ。

界アンジン 夕飯

イチョウの葉や薬味の色がアクセントになっていて綺麗です。どれも一口サイズでかわいらしい。

界アンジン 夕飯 お刺身

お刺身、お作りの取り合わせも綺麗でした。奥にあるのはサザエの土佐酢和え。

界アンジン 夕飯 天ぷら

揚げ物はホタテ真薯の揚げ物と野菜の天麩羅に抹茶塩とレモンが添えられたもの。

界アンジン 夕飯 蓮根もち

蓋物はレンコンもちになす、ごぼうにべっこう餡。細いごぼう揚げが繊細さを感じさせます。

このあたりで地味にお腹いっぱいになってきたところに土鍋ごはんの登場。

界アンジン 夕飯 土鍋

こちらもアンジンをテーマにした船が描かれているおしゃれな土鍋。土鍋の色もかわいい。土鍋にほっくほくの鯛、松茸、白舞茸が炊き込まれています。

香りが。。。最高。

界アンジン 旬彩土鍋ごはん

お腹が膨れているにも関わらず、食べちゃいますよねこれは。さつまいもやすだちの輪切りも入っていて彩りも豊か。

界アンジン 夕飯 旬彩土鍋ごはん

赤だしのお味噌汁と香の物がついてさらにご飯が進みます。結果何度もおかわり。やっぱり器とか土鍋の美しさとかあるのがいいですよね。目で楽しむ食事。

なかなか普段は器とか見栄え気にして料理していないので、たまにの旅行で食べられる会席料理は満足度が高いです。

界アンジン ぐり茶のクリームブリュレ

そして最後はぐり茶のクリームブリュレ。抹茶みたいな苦味はなく、甘酢ぎないけど食べごたえのあるデザートでした。

こんなに早い時間に夕飯を済ませることはないのですが、すでにお腹がいっぱいで眠くなっていました。

界アンジン ロビー

19時からアンジンのショートムービー鑑賞会に端っこで参加しつつ。(ショートムービー会は人気でロビーで開催されていますが、ソファ席は埋まってました。)

星野は地域に密着した歴史のご当地レクリエーション的なイベントが開催されているのも魅力です。

界アンジン ハーブティー

チラッと覗いてフリードリンクのコーヒーを部屋に持ち帰りました。ハーブティーもあります。

界アンジンは2泊の予約をしたのですが、初日はチェックイン後どこにも出かけずにまったり。歩いていける距離にセブンイレブンがあります。

このとき映画を見ようと思ってパソコンをHDMIでテレビに繋いで見ようと思ったのにまさかのHDMIケーブルを忘れるっていう失態。

かなり歩けばドン・キホーテに行けそうでしたが、この日は諦めました。
テレビにHDMI端子はあったので、ゆっくり映画を見たい人はノートパソコンとケーブル持ってくるといいと思います。

ちなみに受付に周辺の観光についてパンフレットをもらったりしたので、明日行くところを吟味。

お食事時のちょっとした会話で明日の滞在はどこかいかれますか?って聞いてくれて周辺のガイドパンフレット持ってきてくれるなんて親切。

ただ私たちは電車で来ているので行ける場所は限られそう。

星野のホテルで働いている人比較的若い人が多い印象。
あどけない感じの20代前半の女性が案内してくれてかわいかった。

界アンジン 大浴場前

胃の膨らみが引いてきたところでこの日はもう一度大浴場にいって、リンゴ酢のローズヒップジュースをお代わりして満喫しました。

界アンジンの朝ごはん

界アンジン 朝ごはんのジュース

さて、昨日はなんだかんだパソコンで映画をみて夜更かししたものの、朝はしっかり起きて朝ごはんをいただきました。

なんの果物だったか忘れてしまったけど、みかん系のオレンジジュース。

界アンジン 朝食

お魚は金目鯛と鯵。厚焼き玉子に湯葉あんかけ。鯛と焼き豆腐、きのこが入ったお鍋もあってほっこり温まります。朝にこれだけの種類のおかずと炊きたての御飯がいただけるのは幸せです。

界アンジン 香の物

この香の物が本当に美味しいのよね。毎回全部食べちゃう。どういう味付けすれば再現できるのか?って聞いておけばよかったなぁ。

伊東は東京から電車で90分なので、1日の滞在でも十分満足ですが、2泊3日の滞在なので、これから伊東駅発のバスで観光にいってきます!