comics」カテゴリーアーカイブ

鬼滅の刃にハマった

きめつの

鬼滅の刃。アニメも漫画もハマりました。ジャンプで連載中の漫画なのですが、面白くて続きが気になる漫画の一つ。

ネタバレになっちゃうけど、不死川実弥の大好きなおはぎが食べたくなって日本茶いれて食べちゃいましたよ。セブンイレブンのプチおはぎ。美味しいのね。

今、毎月気になるな!っていうのは進撃の巨人と鬼滅の刃の2つ。これは毎月、鬼滅の刃は毎週だけど、続きの話が気になって仕方ないっていうのと楽しみでワクワクする漫画。

他に継続して読んでいるのは今はベルセルクとハンターハンター、ワンピースかなぁ。

女性ものの漫画はたまに漫画喫茶にいって読み漁る程度で継続連載しているものを追いたいってほどのものはないんですよね。今ちょっと気になっているのはいつかティファニーで朝食をと、執事たちの沈黙と西炯子の漫画くらいかなぁ。あと数年に1冊でてくるガラスの仮面とか王家の紋章とか。

鬼滅の刃はジャンプ連載の漫画でも久々のヒット。ワンピースやハンターハンターも読むけど、鬼滅の刃ほど続きが気になる興奮度はないんです。

鬼滅の刃はキャラクターが魅力的かつ話のテンポが早いし、キャラクターも多すぎず話も複雑すぎないところがいいです。ワンピースはキャラクターが増えすぎて覚えてられないし、ごちゃごちゃ感があるから、そこまで楽しみ!ってほどでもないですし、ハンターハンターは頭使うので、文字も多いし、セリフの意味がわかんないときもあるから気軽に読めないんですよね。好きだけど。

それに鬼滅の刃はアニメ化してアニメならではのスピード感とかがあって本当にハマった。何回再生してもまた見たいと思える内容。BGMもかっこいいし、声優さんもまた素敵。

進撃の巨人もシーズン1は繰り返しみたけど、それ以来のはまりっぷりです。

鬼滅の刃はHuluとかAmazonプライムにあるんですけど、スマホにデータ落としましたからね。何回も見たいから。

まぁ、しかし、最近は吸血鬼的な鬼要素と血の問題がある題材の漫画が人気ですよね。

デビルズラインにしても、東京喰種にしても。

ドラマでは最近また放映がスタートしたウォーキング・デッドとかもそうですよね。あれはゾンビだけど血液感染するから。

日本は特に昔の絵にも鬼とか地獄の描写があったりしたから、鬼狩りって違和感ないけど。

やっぱり日本のアニメって大人向けな残酷な描写もあるけど、迫力とスピード感がグラフィックのおかげで上がってて面白いんですよね。

友達にも面白いよって伝えたらはまってましたけど。これは進撃の巨人みたいにドル箱ヒットになるんじゃないかな?

鬼滅の刃はキャラクターが愛らしくて、思いやりのあふれる炭治郎がかわいくて慈愛とは?許しとは?と考えさせられる内容なんですよね。どちらかというと許しというのがテーマなんじゃないだろうか?って思うくらい苦境の中でどこまで許せるかっていう試練が多いストーリーが多いかなぁ。

心の闇を持ってしまいがちで他人に正義とは?正しいことの強要をしてしまいがちな世の中ですが。許容と受容のある慈愛が主人公の炭治郎や他のキャラクター、柱や仲間たちに感じられれ成長していく姿が魅力なんだろうな。

鬼滅の刃は読み返したいほど面白いから全巻購入必須ですね。アマゾンの鬼滅の刃の全巻の値段割高なんですけど。書店で買うべきかも。