家電」カテゴリーアーカイブ

AmazonのiPhone対応USBコード

iPhoneも赤なので赤で揃える

AmazonのiPhone対応USBコードを買いました。iPhoneのコードの根本の部分がぼろっぼろになって、中のコードすらちぎれかけているというひどい状態になったためコードの根本の部分が頑丈そうなUSBコードを購入。

私のiPhoneも赤なので赤に揃えてます。また後日書きますが、USBメモリーもiPhoneにライトニングケーブルで直接つなげることのできるタイプを購入。これも赤にしました。

Appleの正規品じゃないと、充電速度が遅いとかいうのも実際あるみたいなのですが、AmazonのAmazonベーシック 二重編組ナイロン製 USB A to ライトニングケーブル(アップルMfi認証済) レッド 0.9m (3 feet)はAmazon製品ということもあり、充電速度等問題なかったです。

Amazonには中華製の偽物がかなり多くて、純正品ではない偽物のクオリティはやっぱり良くないというレビューが多いですね。

Apple製品に接続するライトニングケーブルの偽物というかチャイナオリジナルみたいな製品は安いけどすぐ使えなくなることで有名です。

amazonで買った赤いiPhone充電用USBケーブル

Amazonのこれも中国製なんですが、よくわからないメーカーやよくわからない出品者、中国人の出品者からは買いたくないので、Amazonの中国製でAmazon発送のものを選びました。

USBコードの長さもiPhoneに付属していたケーブルと同じ長さのものと短いもの、1.8mと3mと長いものが選べます。

これにしてからというもの、コードもすべてゴムでのコーティングではなくしっかりしているので、あまり神経を使わずにコードを使えるようになりました。

iPhone純正品のコードはゴムの部分が弱い

ちなみにボロボロになったiPhone純正品のUSBコード。もう中身の線も切れちゃってる。ここまで来ると感電することも考えられるから、もう使うのをやめたほうがいいと言われて、捨てました。まだ充電はこんな状態になってもできてたんですけどね。

Apple製品の純正品はなにかとお高いし、代替え製品が中国の怪しい無名メーカーのものが多くて、本当に苦労します。だからMacはあまり好きではないのですが、いろいろ便利なソフトとノートパソコンの軽さは他メーカーにはないものがあるので、Mac Bookを購入してしまったんですよね。

でもApple製品のiPhoneとノートパソコンの互換性とかデータの転送や共有機能はかなり便利。iMovieとかはすぐにYOUTUBEにアップロードできたり、動画作成もさくさくできるのがWindowsに比べてとにかく便利なところ。

最近はワードもエクセルも使わなくなり、グーグルドキュメントやグーグルスプレッドシートを使うようになったので、ウィンドウズに拘る必要もなくなってきたんですよね。

しかし、互換性はプリンターにしてもなんにしてもウィンドウズの製品の方が接続もトラブルシューティングの情報も豊富だし、まだまだメインパソコンはウィンドウズなんですが、でも持ち歩きはMacが断然便利。他の日本のメーカーのノートパソコンはあまりいいと思えるものが少ないんですよね。機能や軽さ、見た目で考えても。

まぁ、ケーブル一つの話で長くなっちゃいましたが。

iPhoneつなぐUSBケーブルは中国製でも無名のものよりもAmazon製品のものがおしゃれだし、安くてよかったよ。ということが言いたかっただけです。

AmazonのiPhone充電ケーブルはこちら

Air Podsを筋トレ用に購入!

airpods とにかく便利。うどんっていわれてもへっちゃら。

Air Podsを筋トレ用に購入しました。

最近B-monstarに通うのをやめて、ジムで運動をはじめました。B-monstar良かったのですが、飽きてきてしまいました。

B-monstarは暗闇ボクシングで有名なところですが、インストラクターさんの入れ替わりが激しくて、トレーニングの組み合わせや音のセレクトのセンスのいい人とそうでない人がいて。

バンビージャンプばっかりに偏ってたり、音楽の好みが合わない人もいたりして、AvichとかのメドレーやTKメドレーのときはそれなりに面白かったんだけど。

音がよくても動きの組み合わせ、筋トレの組み合わせが単調で面白くないインストラクターもいて、当たり外れがあったんですよね。私は青山のB-monstarに通っていて、恵比寿もたまにいったりしていたのですが、インストラクターが移動するので、移動してみたりとかしましたが。

結果、忙しいのにインストラクターを選ぶようになると通うのが面倒になってしまったんですよね。

まぁボクシングでゴムのサンドバッグを殴るのは楽しかったのですが、バンビージャンプとか、プランク、腹筋は自分の家でもできるなと。それにジムが建物内にあるので、わざわざB-monstarまでいって汗かいて帰ってくるのもどうなのかなとおもって。

まぁ、そんなこともあって、ジムで筋トレをするように。YOUTUBEでも筋トレ用の動画やインスタでの筋トレ動画もいっぱいあるので、それを見ながらお尻トレーニングをしたり、スクワットをしたり、走ってみたり。

そんなときにやっぱりiPhoneのイヤフォンのコードが邪魔で。汗かいて汗がコードにつくのも嫌だし。激しい運動をするときにやっぱりコードが邪魔になるんですよね。

airpodsとシャネルのリップ

というわけで、Air Podsを購入。amazonで買いました。

しかし、Air Podsって偽物がいっぱい出てて、中国のいかにもな偽物も多く、レビューを見ると使えるけど片方音が聞こえなくなったとかあったので、結果高いけど純正品を買いましたよ。

Appleの純正品って偽物の8倍くらいするんですよね。ちなみに18,000円ほどでした。去年はAir Podsは予約待ちで買えない人がいたからメルカリで転売されてたりもしたんですよね。

今はすんなり買えますけど。

Air Pods買う前に、さんざんSONYとかBOSEとかのワイヤレスイヤフォンを買うか?も迷ったのですが、SONYもBOSEのワイヤレスイヤフォンもそこそこ高く、2万円と3万円くらいでした。

そして、耳から出っ張ってる感じがあまり好きではなかった。Air Podsは耳からうどんとか言われてますが。まだうどんの方がいいかなぁ?と思った次第です。

ケースも小さくてスマートだし。無くさないか?ってことがむしろ心配だけど。

使ってみるとけっこうスマホから距離があっても音楽は流れてくるし、トレーニング中に汗がつかないのはやっぱりいい。しかし、髪の毛をおろしてて、書き上げるときにうどんの部分に引っかかると取れちゃうから、それだけ気をつければあとは問題なし。

充電もそこそこ持つし。去年に友達がすごくいいよって教えてくれたときはあまり興味がなかったけど。これは私の中で久しぶりに買ってよかったものとしてランキング上位入する。

お散歩行くときは、リップと口紅と赤リップもって、Air Podsつけて手ぶらで歩きます。

天気がかなり不安定で今年は8月は体温調節ができず、体調崩しやすかったし、夕方になると頭痛があったりしたので、できる限り体調管理もかねて少しの運動を心がけています。

それにしても、Air Podsといい、スマホの動画といい便利な世の中になったなぁ。ピラティスとかヨガ、なんでもYOUTUBEで一緒にできるもん。DVDなんてもう必要ないよね。

ちなみにグーグルのクロームキャストもテレビにつけてるので、YOUTUBEもテレビで見れる。時間がないときは、テレビを見ながらヨガとかピラティス。あとはお尻トレーニングや腹筋をしてます。

仕事の合間にそれをするだけでもだいぶ違うんだな。これが。

にほんブログ村 OL日記ブログ参加してみましたw

ヴァンダーウッドセンってパワーワード。

ダイソンの金箔ドライヤー購入

ダイソンの金箔ドライヤーは赤い箱に入ってます

ダイソンのドライヤー、金箔の限定ドライヤー、Dyson Supersonic(ブルー/ゴールド)を購入しました。ツイッターの広告で金箔がダイソンのドライヤーに貼られる様子の動画を何度も見ていたら欲しくなってしまいました。

ダイソンの掃除機はコードレスタイプを愛用していて、気に入っているのと、ドライヤー自体はパナソニックのナノケアを愛用しているので、ドライヤーがどうしてもほしいというわけではなかったのですが、見た目のインパクトから欲しいと思ってしまいました。

ダイソンの金箔ドライヤー購入

ツイッターで何度も広告が流れてくるのはずるい。あの金箔を貼り付けて筆で仕上げるシーンは何回もみてしまったし、金箔職人の女性の手作業に見入ってしまう。あれはサブリミナル効果みたいな中毒性がある動画広告だなぁと。もう買ってしまったけど、未だにツイッターに動画広告が出てくると見てしまうから。

ダイソンのドライヤー自体はB-monstarの更衣室に置いてあったので使ったことはあったのですが、風力パワーがとにかくすごい。

パナソニックのナノケアの風力でも十分早く乾くのですが、ダイソンのは台風ですか?というくらいの風力があります。パナソニックのナノケアドライヤーはドライヤーとしてはとにかく優秀なのですが、見た目のおしゃれさはダイソンですよね。

ダイソンの金箔ドライヤー購入

ちなみにこの限定の金箔が貼られているダイソンはお値段64,800円という掃除機買える値段です。

インスタグラムでダイソンのドライヤーを見ていたとき、え?そう?おしゃれ?っておもってたんですけど。このダイソンの青とゴールドというカラーの組み合わせにやられました。

このブルーが好きで、うちにあるダイソンの掃除機もホースの部分がこのブルー。

もうこれもインテリアの一つとなりますよね。なんかダイソンは今後電気自動車もつくるらしいですが、やっぱりデザイン性と機能性の発想が日本のメーカーにはないもので惹かれます。

ダイソンの金箔ドライヤーパワー調整部分ボタン

使い勝手はというと、風力は3段階調整、温度も3段階調整ができて、ドライヤーの口の部分は磁石でくっつけられるようになっています。ランプの点灯部分がものすごくさりげない感じなのもおしゃれ。ほぼ点というくらいのランプ。日本のドライヤーの温度調整部分、強、弱みたいなのとは全然違いますよね。赤い方が温度で、白い点頭が風力です。

ダイソンのドライヤースムージングノズル

このドライヤーの口の部分ですが、何もつけないと円のまま風力がグアーっとでるので、最強で髪の毛を乾かそうとすると髪がトルネードのように絡まります。なのでドライヤーの口の部分にはかならず、アタッチメントをつけています。最強の3で乾かそうとすると、風の向きを考えて乾かさないと髪が絡まりますね。適当にかわかせない風力です。風力は2とかで十分かなぁ。とにかく勢いがものすごい。台風の中にいるかのような風力ですから。

ダイソンのドライヤー風がでるところ

風が出るところはアタッチメントをつけないと、風がすごい勢いででてきます。ナノケアは風力あると言っても絡むほどの風力ではないのですが、ダイソンはさすが外国製。海外のホテルとかにたまにめちゃくちゃ熱いしパワーが強いドライヤーがありますが、まさにそんな感じですね。

パワーが弱いドライヤーよりはいいですけど。

ナノケア、ヘアビューザー、ダイソンという中でも、ダイソンが一番お高いわけですが。繊細さにはかけるかな。という使用感。でも髪の毛を乾かすというドライヤー本来の機能の事を考えると、十分な機能があります。

あとは、ホコリが溜まる部分の掃除がしやすいこと。

ダイソンの金箔ドライヤーのホコリの溜まる部分

大抵のドライヤーはホコリがたまる外からの空気の吸引部分はネジがついていて開けにくく固定されていたりするのですが、ダイソンはくるっと回すだけでロックが解除。

なのでホコリ部分の掃除も簡単でラクラク。ホコリが溜まる吸引部も手で持つ部分の下の方という今までのドライヤーとは違う部位。ナノケアドライヤーもヘアビューザーも頭の部分にホコリが溜まる部分がありますが、そういう意味ではやはりダイソンならではの吸引構造なんだなぁと。

ダイソンの金箔ドライヤー

64,800円というお値段だったこともあり、しっかりした箱にはいってましたし。ダイソンの公式サイトから買ったので、ドライヤースタンドもついていきて、アタッチメントも3種類ついてきました。このシルバーの重量感があるものがスタンドです。

ダイソンといえば、音がうるさいというイメージがありますが、そんなに気になるほどではないです。ダイソンの掃除機もそうなんですけど、使っている本人は対して気にならないのですが、あれってその場にいる他人がうるさく感じることがほとんど何だと思います。

使用している本人は、大して気にならないんですよね。しかし通常のドライヤーとはまた違う音で、ダイソン特有のドライヤー音ですね。キュイーンという音はパナソニックのナノケアやヘアビューザーとはまた違う高音。普通のドライヤーはフォオオーンだとしたら、やっぱりダイソンはキューイィーンなんですよね。

ダイソンの金箔ドライヤーのスムージングノズルは磁石でくっつきます

そもそも吸引、風力をつくる構造が違うからなのか?でる音が既存のドライヤーと全然違う。ノズルの部分を磁石でくっつけるというところも斬新だし、おしゃれ。手軽。

ナノケアのドライヤーも気に入っているので、ダイソンのドライヤーと甲乙はかなりつけ難いです。ちなみに重さもナノケアのドライヤーとダイソンのドライヤーで大きく違うなとは感じません。見た目の重量感はダイソンのほうがありそうなんですけどね。

外に置きっぱなしでも気にならないデザイン性っていう意味ではやっぱりダイソンかなぁ。簡単に壊れるものでもないから、デザイン性と見た目の愛着は大事。

そしてやっぱりブルーとゴールドの組み合わせが見ていて素敵って思ってしまう。大切に使おう。