ハワイのシミ消しコスメ、ナディノラクリーム

ナディノラクリーム

ハワイのシミ消しクリームとして人気のナディノラクリーム(Nadinola)を買ってきました。

ハワイで今1番人気のシミ消しクリームで何かと話題になっており、メルカリなどでも売り切れていますが。お土産に頼まれて大量に購入しました。

ナディノラクリーム ウォルマートでの価格
人気のハワイのお土産は大抵ABCマートで売られているのですが、だいたい12ドルくらいで売られていて、ウォルマートで安く半額くらいで買えると最近ハワイに行ってきたばかりの友達に教えてもらったのでウォルマートで大量購入。

Instagram(#Nadinola)などでもかなり人気のようでいろんな口コミやブログを見て私も欲しくなり友達の誕生日プレゼントやお土産にもお手頃価格だったのでまとめて12個も購入しました。

インスタで外国人の人たちのビフォーアフターみてみると結構びっくりする。こんなに効くのかしら?

ナディノラクリームを塗る順番としては、化粧水、乳液の次に塗るのでOKみたい。ちなみにこの前みたDaigoのYOUTUBE動画では、化粧水塗っても塗らなくてもクリーム塗ってれば保湿効果は十分あるってアメリカの皮膚医学界の研究結果で出たとか言ってて、日焼け止めと保湿のクリームでスキンケアは十分説をちょっと信じ始めているのですけど。(紫外線対策と保湿が何より重要。)

このシミ消しクリームはハイドロキノンと言う美白成分が配合されておりそれがシミを薄くしたり消してくれる効果があります。
ハイドロキノンはある程度配合されている濃度が高いと医薬品になるため日本では高濃度のハイドロキノンが配合されているクリームは美容クリニックなどでのみ処方される形でもらうことができます。

日本でもハイドロキノン配合のクリームはありますが一般化粧品としては濃度が低くかつ価格もそこそこいいお値段です。しかしこのナディノラクリームはハイドロキノンが高濃度でとにかく安いと言うのが魅力でしょう。

日本のInstagramなどでよく広告があるシミ消しクリームやシミが消えたなどの誇大広告の化粧品はとにかく多いですが結局はどんな成分が含まれているかというのがその化粧品の実力だと私は思っています。そもそもインスタのビフォーアフターの写真は加工アプリで美肌加工されていますからね。信用ならないです。

そのためよくわからない成分が細かく書かれていないようなただシミが消えたと言う印象を与えるビフォーアフターの写真が広告となっている日本の定期購入の化粧品は絶対買わないのですけれどもハイドロキノンと言う医学的に証明されている有効成分が入っている化粧品でかつ安いと言うのはかなり説得力があったので購入しました。

ナディノラクリームの外箱と成分

ナディノラクリームの成分表をみてみましょう。水、ミネラルオイル、ステアリルアルコール、オレイン酸デシル、ステアリン酸グリセリル、オレス20、ラウレス20、プロポリングリコール、ステアラミドプロピルジメチルアミン、クエン酸、メタ重亜硫酸ナトリウム、メチルパラベン、プロピルパラベン、香料。これに対してハイドロキノンが3%含まれています。あと紫外線防止成分も含まれていました。

このウォルマートで買えるハイドロキノンのナディノラクリームはハイドロキノンの配合率が3%と高濃度です。

実際にハワイで開封して使っています。まだシミ自体に大きな変化は見えてきていませんが使い心地としては悪くなく伸びも良くたくさん塗ると白くなりますが伸ばすとちゃんと肌に浸透して透明になります。

化粧品特有の良い香りは一切無いですがハイドロキノン配合と言う説得力はあるので試す価値は大いにあると思います。

友達に頼まれて大量に買いましたが結構たっぷり入っているので12ヶ月は余裕で持つと思います。

ハイドロキノン配合の化粧品と言えばビーグレンやアンプルールが有名ですがどちらもハイドロキノンの配合率は2.5%以下ですビーグレンの場合はハイドロキノンの配合率が1.9%アンプルールが2.5%です。ちなみにビーグレンのハイドロキノン配合のクリーム、QuSomeホワイトクリーム1.9は15gで6,480円。アンプルールのハイドロキノン配合クリーム、ラグジュアリーホワイトコンセントレートHQ110は11gで10,800円です。

ナディノラクリームはハイドロキノンの配合率が3%で6ドル程。
ハイドロキノンは4%から高濃度と言われておりクリニック処方のハイドロキノンは4%以上のものがありますが化粧品では日本の場合3%以下です。

ハイドロキノンは肌に合う合わないもあり一時的に肌が赤くなったりする人もいるため万人に会うわけではないため万が一のトラブルは自己責任になってしまいます。
そのため日本の化粧品ではハイドロキノンの濃度が抑えられています。

シミが完全になくなるには肌のターンオーバーも水となってくるので大体1ヶ月位端は大体28周期のサイクルで入れ替わるので(正常な場合1ヶ月ぐらい使って様子をみるといいと思います。

何といってもたった6ドル大体700円程度で1ヵ月使えるシミ消しクリームというのはとにかくリーズナブルであるためお土産としても大人気と言うのは頷けますね。

私は大きなシミがないので薄いシミが多いのですが使ってみてまた記事を書きたいと思います。

Amazonでもナディノラクリームは売っていますのでハワイで買うより少し高いですが、ハワイにいかなくても買えます。
https://amzn.to/2sMsdiN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です